「肋間神経痛」を御存知ですか?

突如として背中や身体の側面に激痛が走る「肋間神経痛」。

その痛みは非常に鋭く、経験者でないとその痛みは分からないと言われるほど。

肋間神経痛の痛みは、肋間神経が走っている場所、つまり脊髄から肋骨にそって痛みが生じます。

身体を動かしたり、呼吸や席で肋骨が動くと痛みも強くなるようです。

痛みは突発的に起こったり、慢性的に起こったり、痛みの時間自体は短いのですが、頻発したり、突発したりするのが特徴です。

なぜ肋間神経痛が起こるのか、その原因は不明なケースも多く、運動不足や疲労・ストレスによって神経が骨や筋肉に挟まれて起こるケースと、帯状疱疹等のウィルスによって起こるケースが一般的なようです。

ウイルスによる肋間神経痛は症状が継続するのに対し、運動不足等による肋間神経痛は突発的に症状が発生するのが特徴です。

また、継続的な肋間神経痛は突発的なものに比べると痛みが非常に強いと言われています。

参考リンク⇒肋間神経痛を治したい

  • Posted on 2. 3月 2014
  • Written by admin
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.